ブログ

「うさぎとかめ」かめが勝った本当のワケは?

誰もが1度は読んだことがある「ウサギとカメ」の物語。

ウサギは油断して昼寝をしてしまい、
カメはコツコツと歩みを進めて、
ウサギを追い抜いて、
マラソンに勝つ。

この話の教訓は、過信や慢心は、大失敗を招くコツコツ頑張ることが大事というのが一般的に知られていますよね。

しかし、今日は「なぜカメは勝負に勝てたのか?」違う視点で考えてみたいと思います。

あなたはなぜカメが勝ったと思いますか?

カメがうさぎに勝てた理由。

それはウサギとカメでは、「見ているところが違った」ということです。

うさぎは「カメ」を見て走っていました。

だから、足の遅いカメに、油断をしてしまったのです。

一方、カメは「ゴール」を見ていました。

カメがウサギを見ていたら、ウサギの速さと自分を比べて自信をなくし、歩みを止めていたかもしれません。

昼寝をしているウサギを見て、自分も休んでしまったかもしれません。

ところが、カメがそうしなかったのはなぜか?

それはカメは「ゴール」を見据えて、一歩一歩前に進んでいたからです。

「うさぎとかめ」から学ぶ3つのこと

「うさぎとカメ」から学ぶこと。

それは

  1. ゴールは何かしっかり定める!
  2. 競争相手に惑わされない!
    =自分軸を持つ
  3. ゴールをみて最後までやり抜く!

この3つです。

これは仕事にも、人生にも、英語学習にも言えることですよね。

例えば、英語学習に置き換えると…。

 

ゴールは「英語を生かした仕事につくための英検準1級合格」だとします。

しかし、

「あの参考書がいいらしい・・・」
「この勉強法じゃないとダメだ!」
「あの人は毎日2時間勉強しているのに、自分は全然だ。。。」

など、いろんなことに惑わされて本当のゴールを見失う人が多いのです。

目標設定をしても忘れてしまう。

なので、「意識し続ける事」も大切です。

もちろん途中であきらめてしまったり、休み続けてしまうと、目標は達成できません。

なので、「最後までやり抜く事」が1番大事だなぁと思います。

あなただけのゴールを設定してゴールを見続けて最後までやり抜いた先にステキな未来が待っています♪

では、今週も素敵な1週間になりますように♪ Have a great week!

ABOUT ME
Haruka
ワンオペ育児中、自分に自信をなくしてネガティブ専業主婦に。一念発起し英語を勉強!TOEIC925点取得(2019年7月)【発音】と【マインド】アップを軸に、『主婦が英語で人生を変える方法』を発信しています。
無料ワークシートプレゼント

ワクワクした気持ちでワークに取り組むだけで、

英語の夢が近づいてくる!

「英語セルフコーチングシートプレゼント」

詳細はコチラ